スマホ用ジンバル DJI OM5のレビュー-DJI Pocket2との比較も!

2021年9月8日に発売されたスマホ用ジンバルのDJI OM5が届いたので、普段愛用しているDJI Pocket2との比較も交えてレビューします。

私は初代のDJI Osmo Mobileを所有していたのですが、その後Osmo Pocketが発売されたため主にそちらを利用するようになっていたので、OMシリーズは実に4世代ぶり!

DJI OM5の詳細なスペックやDJI OM4/OM4SEとの比較についてはこちらの記事をご参照ください。

関連記事

2021年9月8日、DJIよりスマホ用ジンバル DJI OM5が正式発表されました。尚、前モデルのDJI OM4はDJI OM4 SEと名前を変え、値下げして並行発売される模様です。[sitecard subtitle=関連[…]

DJI OM5のパッケージと付属品

パッケージ

 

パッケージは昨今のDJI製品と同様、非常にコンパクトにまとまっています。

カラーはアテネグレーをチョイスしました。

付属品

  • 本体
  • グリップ式三脚
  • 磁気スマートフォンクランプ 2
  • 電源ケーブル( USBA to C)
  • リストストラップ
  • 収納ポーチ

 

DJI OM5のスマホへの取り付けとセットアップ

スマホへのクランプの取り付けは簡単。気軽に何回でも可能

磁気スマートフォンクランプ 2スマホへの取り付けはクランプを広げるように引っ張りスマホを挟むだけ。

バネで挟んで固定する仕様なので、何回でも取り付け・取り外しが可能です。

但し、クランプを取り付けるたびに微妙にスマホの位置が変わるので、都度キャリブレーションが必要になります。一度キャリブレーションを実施したら、撮影の間はクランプはスマホから外さないほうが無難です。

磁石での本体への取り付けは抜群の安定感

クランプをスマホに取り付けたら、あとは本体と磁石でくっつけるだけ!

磁力で固定するだけときくと少し不安になるかもしれませんが、この磁石が強力でかなりの安定感です。

DJIによると磁力は47.5ニュートンで、これはソーダの入った2Lのペットボトルを2本以上支えられる磁力に匹敵するとのことです。

ちょっと振り回してみましたが、全く不安感はありませんでした。

写真の丸で囲んだ、クランプの出っ張りと本体側のへこみがしっかり噛み合って回転時の滑りを防いでくれます。

(写真だと幅が違うように見えますが、実際にはぴたっとはまります。)

MagSafeに対応しないのは残念だが・・・

DJI OM5がMagSafeに対応しないのは非常に残念ですが、この磁力の強さと形状が作り出す安定性を考えると致し方ないように思います。

本体のセットアップ

鍵マークのポジションにあるとロックされてジンバルを展開することができません。

1枚目の写真のように鍵マークのポジションにあるとロックされてジンバルを展開ないので、上部をくるっと反対側へ回します。

2枚目の写真の状態にしてから、ジンバルをひっくり返すように引っ張ると展開できます。

内蔵延伸ロッドの伸張は引っ張るだけ

内蔵延伸ロッドの伸ばし方は、力をいれて引っ張るだけです。

最大伸長は215mm、自撮りは勿論、ハイアングルの撮影などにも活躍できそうです。

ロッドの先端の部分は正確に計ったわけではありませんが、80度ぐらい手前に回転します。(反対側には回転しません)

ローアングル撮影は注意が必要

ローアングルの撮影のも便利そうだと思っていたのですが、普通に持ったままローアングルにするとインカメラが前方を向く形になってしまいます。

ジンバルがパン方向に360度回転してくれればよかったのですが、残念ながらできません。

グリップを180度持ち替えて撮影する必要があります。

本体の下部に1/4インチネジ穴

付属の三脚グリップとは本体下部の1/4インチのネジ穴で接続します。

一般的な三脚で広く使用されているUNC1/4インチ規格なので、一般的な三脚に直付けすることも可能です。

DJI OM5とスマホとのペアリング

DJI Pocketやドローンなどと違い、映像をやり撮るする必要がないので、DJI OM5とスマホの接続はBluetoothのみで、Wi-fiは必要ありません。

ペアリングの方法も一般的なBluetooth機器と同様。一度ペアリングしてしまえば次回からは双方の電源が入っていれば自動で接続してくれます。

DJI MIMO経由でフル操作可能なことはもちろんですが、シャッターボタン程度であれば標準のカメラAPPも操作できるのが地味に便利です。

セットアップのまとめ

写真だけだとなかなかわかりにくいかと思いますので、英語版ですが公式動画を見るとイメージがつきやすかと思います。

DJI OM5の操作感

グリップ感が悪くないがシャッターボタンの位置がイマイチ

DJI OM5になって小型軽量になった影響でグリップも細くなりました。

グリップ感は悪く無いのですが、普通に握るとシャッターボタンが親指の付け根あたりに来てしまうので、シャッターを切る際に少し持ち替える必要があります。

ジンバル可動範囲は物足りない

 DJI OM5DJI Pocket2Ronin RSC2
パン-161.12°〜172.08° -250° ~ +90°360° 連続回転
チルト-127.05°〜208.95°-180° ~ +70°-240° ~ +95°
ロール-101.46°〜229.54°± 90°-112° ~ +214°

ジンバルの機械的稼働範囲はDJI Pocket2に比べてもかなり物足りなさがあります。

実際に使用すると、特にチルト方向の可動範囲に物足りなさを感じました。

DJI OM5の各種撮影機能

DJI OM5はDJI Mimoというソフトウエアを介して便利な便利な撮影機能を使用できます。

DJI Mimoは初代Osmo Pocketの発売時にリリースされたソフトで、現在はDJIのOsmoシリーズに広く使われていることもあり、決して悪いソフトではないのですが、痒い所に手が届かないソフトというのが正直な印象で私はあまり使っていません。

HDR10の使用は可能だがDolby Visionの使用は不可

Dolby VIsionはiPhone12から採用されたHDR動画規格で、輝度の高くダイナミックレンジの広い映像を撮影することができますが、残念ながらDJI MimoではDolby Visionの使用はできません。

Dolby Visionを使用して撮影したい場合は、DJi Mimoではなく標準のカメラAPPなど別のアプリを使用する必要があります。

Dynamic Zoomは未完成な印象

いわゆるヒッチコック効果を簡単に撮影できるとのDynamic Zommですが正直未完成な印象です。

できあがりの動画もなんだか嘘っぽいし、何より撮影が難しく歩くスピードやタイミングがイマイチ掴めませんでした。

Active Track 4.0

DJI OM4ではActive Track 3.0がDJI OM5で4.0になりました。

しかし、画像を認識し処理するのはあくまでスマホです。

ジンバルはスマホからの指示に基づいて首をふるだけなのに、ハードウェア的に対応できないわけではないのに、Dji Mimoをアップデートしても旧機種で対応しないのはなんだか腑に落ちません。

DJI OM5とDJI  Pocket2との比較

DJI OM5とDJI Pocket2はコンセプトの違う製品なのであまり比較に馴染まないと思いますが、折角両方持っているので比較してみます。

DJI OM5とDJI Pocket2のスペック
 DJI OM5DJI Pocket2
サイズ(mm) ※本体のみ264.5×111.1×92.3 mm
※展開時
124.7×38.1×30
重量(g) ※本体のみ290 g117
イメージセンサースマホによる1/1.7インチ CMOS
有効画素数:64 MP
レンズスマホによるFOV 93°
焦点距離:20 mm(35mm判換算)
F1.8
ISO感度スマホによる静止画:100~6400 (16 MP)
    100~3200 (64 MP)
動画: 100~6400
スローモーション:100~3200
動画性能スマホによる4K 60fps
HDR動画性能スマホによる2.7K 30fps
スローモーションスマホによる1080P 240fps
写真フォーマットスマホによるJPG/DNG
動画フォーマットスマホによるMP4 (MPEG-4 AVC/H.264)
駆動時間6.4時間140分(1080p 24fps、ラボ環境下での測定値)
ジンバル性能(パン)-161.12°〜172.08° -250° ~ +90°
ジンバル性能(チルト)-127.05°〜208.95°-180° ~ +70°
ジンバル性能(ロール)-101.46°〜229.54°± 90°

手軽さではオールインワンのDJI Pocket2の勝ち

DJI OM5もスマホと磁力で簡単にセットアップできる等、相当手軽であることは間違いありませんが、手軽さという点ではオールインワンのDJI Pocket2が圧倒的に有利です。

オールインワンなのでキャリブレーションの手間もありませんし、小型軽量なのでとにかく手軽です。

手ぶれ補正はDJI OM5

手ぶれ補正はジンバルだけのDJI Pocket2に対し、ジンバルの他にスマホの強力な手ぶれ補正の恩恵も受けられるDJI OM5のほうに軍配があがります。

特に歩行時の手ぶれはDJI Pocket2が小型な分、同じ上下動でも相対的に動きが大きくなってしまいブレが激しくなる印象があります。

映像の美しさではDJI OM5(スマホの能力による)

DJI Pocket2も4K 60fpsの美しい映像を撮影することが可能ですが、やはり最新のスマホと比べると分が悪いです。

DJI OM5は撮影部分をスマホに依存しますが、言い換えればスマホを買い換えればどんどんバージョンアップできるというメリットがあります。

自撮りに向いているのはOM5

セルフィーでの撮影では延伸ロッドを内蔵し、補助ライト内蔵クランプ(別売)が用意されているDJI OM5のほうが向いています。

また、画面も大きいので細かい表情などもよくわかるのがポイントです。

コスパは圧倒的にDJI OM5

スマホ込みの価格を考えるとDJI OM5の方が高額ですが、この手のデバイスを欲しいと思う方は大抵スマホを所有していると思いますので、スマホ以外の追加費用という意味で考えます。

DJI Pocket2とDJI OM5は価格差が3倍以上あるので圧倒的にDJI OM5のほうが安価です。

まとめ:自撮り目的なら買い!アウトカメラでの撮影ならDJI OM4SEでいいかも

DJI OM5は延伸ロッドを内蔵し、補助ライト内蔵クランプを用意するなど自撮り関連の機能を充実さえ、Vlogerを初めとする自撮りを多用するユーザーに刺さる機能を強化してきた印象です。

逆にアウトカメラでの撮影で目立つ進化点ははActive Track 4.0ぐらいなので、私のようにアウトカメラを主に使用するユーザーは、6000円ほど安い1万円台前半で買えるDJI OM4SEも十分満足できる選択肢になると思います。

関連記事

2021年9月8日、DJIよりスマホ用ジンバル DJI OM5が正式発表されました。尚、前モデルのDJI OM4はDJI OM4 SEと名前を変え、値下げして並行発売される模様です。[sitecard subtitle=関連[…]

関連記事

ついに発売されたiPhone13シリーズ。iPhon12シリーズ同様、iPhone13,iPhone13 Mini,iPhone13 Pro,iPhone 13 Pro Maxの全4モデルで登場しました。本稿ではiPhon1[…]

劇場版最新作 機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイがU-NEXTで配信開始!

機動戦士ガンダム最新作、『機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ』がU-NEXTに見放題で配信開始されました。

『機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ』は1989年に小説が刊行されて以来、長らく映像化されず、ファンの間から映像化を望む声が尽きなかった作品です。

2021年、遂に劇場版三部作として映像化され、一作目は興行収入20億円を突破したヒット作となりました、

ハサウェイだけじゃない!「ガンダム」シリーズ最大級の43作品も見放題!

『逆襲のシャア』をはじめ、「ガンダム」シリーズ最大級の43作品をU-NEXTなら見放題で楽しめます。

まずは31日間無料でお試し

U-NEXTは31日間無料でお試しできるので、こU-NEXTに未加入の方は閃光のハサウェイを無料で観ることができますよ!


 

>

主にInstagramでジャンルを問わず写真や動画を載せています。

CTR IMG