画面の割れたiphone

【旅先での悲劇!!】iPhoneの背面ガラスが割れた!!docomoの補償サービスを利用してみました。:ガジェットのトラブル

空港に向かう途中でiphoneXを地面に落としてしまい、背面ガラスが見事にばきばきに割れてしまいました。

幸い割れたのが、背面ガラスだったので旅先で割れた画面で操作しなくて良いのは不幸中の幸いでした。

割れたスマホをそのまま使うのは危険なので、docomoのケータイ補償サービスを利用して修理に出しました。

今回はdocomoのケータイ補償サービスを利用した際のレビューと、各キャリアの補償サービスや修理費用についてまとめました。

docomoのケータイ補償サービスを利用してiPhoneを修理

私が加入していた保証サービスはApple Care+ではなく、紛失・盗難も補償が効くdocomoの補償サービスに加入していました。

ケータイ補償サービス for iPhone & iPad(2019年5月31日までのお申込み) | サービス・機能 | NTTドコモ

docomoのケータイ補償サービスの申込みから代替端末受取までの流れ

Webもしくはコールセンターへ電話で申し込み

整備品(外装や痛んだパーツを交換し、内部基板等は再利用したものが届く)

壊れた端末を返信用封筒で返送する

先に交換用の端末を送ってくれるので、iPhoneが手元から離れる時間がありませんので使い勝手が良いです。

私の場合はWebでdocomoのケータイ補償サービスを申し込んだ翌日には自宅に届いていたようです。(実際に受け取ったのは旅から戻った時)

配送先を選ぶ際に、自宅かそれ以外を指定できるようでしたので、もしかしたらホテル等にも配送可能なのかもしれません。

今回は背面割れだったため、iphoneの使用にはさしあたり問題がなかったので、受取時のトラブルを避けるためにも今回は自宅に配送を選択しました。

f:id:gizagizafitzroy:20181016225808j:plain


段ボールを開封すると、交換用の電話機と、返信用封筒が入ってました。

f:id:gizagizafitzroy:20181016225903j:plain


その後、壊れたiphoneのフルバックアップをiTunesで作成し、新しいiPhoneで復元。

問題なく環境の移行ができましたので、あとは旧機器を初期化して返送すれば手続き完了です。

移行時に注意が必要だったこと

iPhoneを探すをオフに

オフにしないと復元できませんので注意が必要です。

モバイル suica

旧機器でカードの削除が必要。

削除される際に残高等はサーバーに自動で保管されます。

旧機器が動作しない場合や、紛失してしまった場合には再発行扱いとなり手数料がかかることがあるので注意が必要です。

万一、携帯情報端末を変更してしまった後で、モバイルSuicaの機種変更手続きを忘れていたことに気づいた場合は、速やかにモバイルSuicaコールセンターまでお電話ください。なお、この場合、再発行と同様の扱いとなり、手数料(520円)が必要となることがありますのでご了承ください。

出典:JR東日本 モバイルsuica HP

旅先で一台の端末に依存するリスクを再認識

旅先では、スマホは連絡や情報入手手段に止まらず、飛行機のチケットやApple Payでの決済、GoProの映像確認や咄嗟のスナップ等、かなりスマホに依存しています。

一人旅での紛失や破損は知らない土地で孤立しかねないので本当に怖いと思いました。

旅先では荷物は軽くしたいので、なるべく余分な物を持ちたくないのですが、今後はipadか古い端末をバックアップとして持ち歩こうと思います。

ガラス割れしたiPhoneを割れたまま使うのは危険

ヒビが入ったくらいだとあまり影響ありませんが、ガラスが完全に割れた場合は切り口が鋭利なので手を切る危険があって危険です。

またおそらくガラスが断熱材がわりになっているのだと思いますが、割れ目から熱が漏れてかなり本体が熱くなります。

いずれにせよ、早めに修理に出すことをオススメします。

各キャリアのサービスとApple Care+との違い*1

いざという時になる保証サービスですが、Applleが提供しているApple Care+と各キャリア毎の保証サービスは受けられるサービスが異なってややこしいので、これを機に比較してみました。

下記は2018年の情報です。
最新版はこちらをご覧ください。

 

Apple Care+ *2docomoAUsoftbank
月額料金960円750円1,190円1,160円
利用期間2年間加入している間ずっと最大4年間加入している間ずっと
利用上限2年間に2回まで1年間に2回まで2年で2回、その後2年で2回(計4回)2年で2回、その後2年で2回(計4回)
画面割れ3,400円11,000円3,400円3,400円
その他修理11,800円11,000円11,800円11,800円
紛失盗難×11,000円11,800円会員料金で提供
  • Apple Care+は盗難紛失が補償されない。
  • docomoは月額料金が安く、画面割れが割高
  • AUが一番料金が高いが一番手厚い。
  • softbankは紛失・盗難の場合、割引価格で新機種購入となるので注意

購入時に補償サービスに入っていない!!という場合

iPhoneXシリーズの修理金額は高額

Appleの正規の修理サービスにだした場合、画面割れは31,800 円、その他の修理は62,400 円かかります。
今回のケースだとその他の修理に該当しますので、62,400円ということになります。

保証サービスに加入していない場合

Appleもしくはキャリアの保証サービスに加入していない場合、Appleの正規保証サービスか非正規の修理業者に依頼する必要があります。

修理した端末に後付けで補償(Apple Storeや他の修理業者へ依頼した場合でも補償)を付加できる非正規の修理サービスもあります。

非正規の修理業者を利用にはデメリットも。

2017年より非正規の修理サービスを受けた場合でも、Appleの正規の修理サービスが受けられる場合があるように変更になったため、非正規の修理サービスを利用するハードルが下がったと下記のような報道もありましたが、現在はまた厳しくなっているようです。

まとめ

大したトラブルなく移行できましたが、それでもやっぱり手間は手間なので次からは気をつけて使おうと思います。(お金もかかりますので。)
それと修理金額がかなり高額になりますので、何らかの補償サービスに入ることをおすすめします。

*1:iphoneXの場合

*2:ドコモで月額払いの料金

関連記事

年々高額化しているIPhoneの修理費用を機種毎にまとめました。高性能化によるiPhoneの本体価格の上昇に伴い、故障や破損した場合の修理費用も高額化しています。例えば、iPhone7では16,400円だった画面割れの修理価格が、i[…]

iphone11pro

後付け出来る保険もあります。

AppleCare+は購入から1ヶ月と入れる期間があります。

加入期限経過後にやっぱり保証に入っていればよかった!という場合、後付け出来る保険もあります。

モバイル保険

月額700円で年間最大10万円補償され、盗難にも対応しています。

端末もスマホだけでなくスマホやゲーム機などWi-Fiに繋がる機材なら1契約で3台までOKなので複数台加入する場合、AppleCare+よりお得です。

スマホの保険証

月額900円で年間最大10万円補償され、盗難にも対応しています。

モバイル保険より高額ですが、スマホの保険証は5台まで端末を保証するので所有する端末が多い方はこちらがおすすめ。

>

主にInstagramでジャンルを問わず写真や動画を載せています。

CTR IMG