レンズ交換式VLOGCAM SONY ZV-E10/E10Lが発表! ZV-1との違いを徹底比較

SONYからレンズ交換式VLOGCAM ZV-E10/E10Lが発表されました。

昨年発売されたコンデジタイプのRX-100ベースのZV-1に対し、ZV-E10はミラーレスのα6000をベースに開発されたと思われるレンズ交換式のVLOGCAMです。

商品名にこそ「α」を関していませんが、筐体にはしっかりと「α」のロゴが入っており、αブランドの一員なのでしょう。

このあたり、VLOGCAMというジャンルを確立したいという思惑と、αブランドを使いたいというソニーの迷いのようなものを感じるのは私だけでしょうか?

ZV-E10とZV-1の外観比較

左:ZV-E10 右:ZV-1

ZV-E10とZV-1のスペック比較

 ZV-E10ZV-1
レンズ交換可能不可能
レンズマウントEマウント-
センサーサイズAPS-C Exmor CMOSセンサー1.0インチ COMS
有効画素数約2420万画素約2010万画素
画角(35mm換算)取り付けたレンズによる24-70mm
F値取り付けたレンズによるF1.8(ワイド端時) -2.8(テレ端時)
画像処理エンジンBIONZ XBIONZ X
内蔵NDフィルター-オート/入(3段分)/切
背面液晶3.0型 TFT3.0型 921,600ドット
タッチパネル
液晶角度調節機能オープン角: 約176 °、チルト角: 約270 °オープン角:約176度、チルト角:約270度
手ぶれ補正機能[静止画] 交換レンズ側対応
[動画] 交換レンズ側対応 (スタンダード時) / 電子式 (アクティブ時)
[静止画] 光学式
[動画] 光学式 (スタンダード時) / 電子式 (アクティブ時)
EVF--
瞳AF[静止画] 人物 (左右瞳選択可) / 動物
[動画] 人物 (左右瞳選択可)
動画・静止画とも対応
動画性能4K 30fps4K 30fps
フラッシュ××
ホットシュー
NFC××
Wi-Fi
Bluetooth
消費電力静止画撮影時: 約2.0 W (E PZ 16-50 mm F3.5-5.6 OSSレンズ装着)
動画撮影時: 約3.5 W (E PZ 16-50 mm F3.5-5.6 OSSレンズ装着)
液晶モニタ使用時:約2.1W
外形寸法(幅×高さ×奥行)約115.2 x 64.2 x 44.8 mm
(グリップからモニターまで)
約105.5×60.0x43.5 mm
質量約343 g(バッテリーとメモリカードを含む)約294g(バッテリーNP-BX1、“メモリーカード”を含む)

ZV-E10とZV-1の違いのまとめ

ZV-E10とZV-1の主な違いは以下の通り、ソフトウェア的な機能については同等です。

 

ZV-E10はレンズ交換可能、ZV-1はレンズ一体型
イメージセンサーのサイズがZV-E10のほうが大きい
ZV-1のほうがシステム全体で小型軽量

ZV-E10とZV-E10Lの違い

ZV-E10はカメラボディのみ。ZV-E10Lはカメラボディとキットレンズ(E PZ 16-50mm F3.5-5.6 OSS)のセットです。

ZV-E10とZV-1共通の主な機能

ZV-E10とZV-1の機能的な違いはほとんどないのですが、ここではZVシリーズ共通のVolg向け機能の一部をピックアップします。

主役が映えるユニークなワンタッチ機能「背景ぼけ切り換え」

「背景ぼけ切換ボタン」を押すだけで、背景をぼかし、主役をが際立たせる映像を撮影可能。周囲の街並みや風景をクリアに見せたいときも、ボタンひとつでパンフォーカスの映像に切り換える機能です。

すばやくピントの移動ができる「商品レビュー用設定」

人物から商品へのピント移動は、特にワンマンでの撮影時に苦戦するポイントですが、ボタン一つでピントを切り替えてくれる機能。

商品レビュー時には重宝しそうですね。

逆光や薄暗い状況でも常に顔の明るさをキープする「顔優先AE」

逆光や薄暗い状況での撮影時、顔が暗くならないよう照明を当てる必要がありますが、「顔優先AE」は顔の明るさを基準に露出を調整してくれるため、照明なしでもある程度、顔を明るく写してくれる機能。歩きながら明暗差のある場所を移動しても、顔の明るさをキープしてくれます。

SNS投稿や編集に適したスマホ接続性 WEBカメラ対応

スマートフォンへ転送して、らくらくアップロード

Wi-Fiを介して撮影した静止画や動画をスマートフォンやタブレットに手軽に転送可能です。

USB接続でWEBカメラに。ライブストリーミングも可能

ZV-E10をUSBケーブルでPCやスマホに接続し、WEBカメラとして使用することができ、ライブストリーミングすることも可能です。

SNSへのライブ配信はもちろん、ZOOMなどのオンライン会議にも使用することが可能です。

他にも機能が盛り沢山

ここでは一部の機能をご紹介しましたが、とても紹介しきれないので興味のある方はソニーの公式サイトをチェックしてみてください。

ソニー製品情報・ソニーストア

ソニー デジタル一眼カメラα(アルファ) 公式ウェブサイト。デジタル一眼カメラα(アルファ)VLOGCAM ZV-E10…

 

発売日や価格など

ZV-E10のカラーはブラックとホワイトの2色展開。

ソニーストアでの販売価格は、ZV-E10が78,100円(税込)、ZV-E10Lが89,100円(税込)。

2021年9月17日発売予定です!

まとめ:ZV-E10とZV-V1どちらがおすすめ?

レンズを交換してより凝った表現をしたい人向けにミラーレスベースのZV-E10という選択肢ができました。

一方でシステムをコンパクトに保って1つで全てを賄いたい人にはZV-V1が向いています。

両者は機能的にはほぼ同等なので撮影スタイルによって選ぶことをオススメいたします。

関連記事

SONYよりVlogコンテンツの撮影に特化したデジタルカメラ「VLOGCAM ZV1/ZV-1G」が発表されました。第一印象は、「RX100M5Aの名前を変えただけじゃん!RX100M5Aを使い回して、今流行のYoutuberやVlog[…]

>

主にInstagramでジャンルを問わず写真や動画を載せています。

CTR IMG