あじさい寺

6月のオススメ被写体

6月は本格的に梅雨が始まる月ですが、和暦では水無月と呼ばれます。

何故、雨が沢山降る時期なのに、「水無月」と書くのか気になって調べたところ、実は「無」は「無い」という意味ではなく、連体助詞「の」の意味で使われているそうです。

つまり「水が無い月」ではなく「水の月」ということであり、まさにイメージ通りですね。

今回は6月にオススメの被写体をご紹介します。

紫陽花(アジサイ)

あじさい

やはり6月の被写体といえば紫陽花ではないでしょうか。

紫陽花は、アジサイ科アジサイ属の落葉低木の一種で、紫やピンクの小さい花が集まって丸い丸い花の形を作りだします。雨に打たれる姿もとても画になる梅雨を代表する花です。

SNS映え間違いなしの手水舎に浮かぶ紫陽花

紫陽花が浮かぶ手水舎

最近、手水舎に浮かぶ紫陽花がSNSでも人気になってきているので、取り入れる寺院が増えてきたように思います。

紫陽花の有名スポット

明月院(神奈川県鎌倉市)

鎌倉にある明月院は明月院ブルーとも称される、紫陽花の名所中の名所です:鎌倉市観光協会

三室戸寺(京都府宇治市)

京都府宇治市にある三室戸寺は1万株と全国屈指の規模です。:三室戸寺公式サイト

蓮(ハス)

蓮の花

(ハス)は、インド原産のハス科多年性水生植物で、地下茎はレンコンとして食卓でもおなじみですね。

蓮は、清らかさや聖性の象徴として称えられることが多く、仏教で花といえば蓮の花のことを指し、極楽浄土を描く絵には蓮の花が描かれます。

有名スポット

薬師池公園(東京都町田市)

東京都町田市にある薬師池公園は、「日本の歴史公園100選」に選出されており、約120本の大賀ハスが咲き誇る蓮の名所です:町田市HP

三室戸寺(京都府宇治市)

紫陽花でも紹介した「三室戸寺」は、極楽浄土のような「蓮の寺」としても有名です:三室戸寺公式サイト

睡蓮(スイレン)

睡蓮の花

蓮と似ていますが別の花です。

一番簡単な見分け方としては蓮は葉っぱが円形なことに対し、睡蓮は葉っぱに切れ込みが入っています

印象派の画家、クロード・モネが繰り返し描いたことでも有名です。

睡蓮の有名スポット

水元公園(東京都)

水元公園は都内最大規模の水郷公園で、睡蓮だけではなく蓮も楽しめます:水元公園(東京都公園協会)

モネの池(岐阜県)

まるでクロード・モネが描いた絵画のような池です:モネの池(関市観光協会)

百合(ユリ)

百合の花

百合(ユリ)はユリ科の球根植物で、白やピンクなどの香りの強い大ぶりの花を咲かせます。

西洋では白い百合は純潔の象徴とされ、絵画では聖母マリアの象徴としても描かれます。

余談ですが、人間は食用にしたりしますが、猫には毒性があるそうです。

猫ちゃんをお飼いの方は十分気をつけてくださいね!!

百合の有名スポット

南くりこま高原 一迫ゆり園(宮城県)

約30,000平方メートルの園内に約200種15株のユリが色鮮やかに花を咲かせます:南くりこま高原 一迫ゆり園 公式サイト

びわこ箱館山ゆり園 ( 滋賀県)

東京ドーム約1個分という広大な土地に約50種類、250万輪もの百合が咲き誇る関西随一の百合のスポットです:びわこ箱館山 公式サイト

梅雨の景色

梅雨のイメージ
カメラには大敵の雨ですが、雨がもたらす景色も美しいですね。
リフレクションなんかも撮りやすくなります。

まとめ

ジメジメしていると出かけるのが億劫になりますが、天気に負けず素敵な写真を撮りたいものです。

>

主にInstagramでジャンルを問わず写真や動画を載せています。

CTR IMG