【Eマウント用F2.8通し望遠レンズ】TAMRON 70-180 F/2.8 Di Ⅲ VXDと純正レンズの比較

ついにタムロンからEマウント用望遠レンズTAMRON 70-180 F/2.8 Di Ⅲ VXDが発売されました。

これでタムロンのEマウント用大三元レンズが勢揃いしました。

関連記事

2020年6月25日にタムロンよりEマウント用フルサイズ 高倍率ズームレンズTAMRON 28-200mm F/2.8-5.6 Di III RXDが発売されました。今回はソニー純正の高倍率ズームレンズ FE24-240 F3.5-6.[…]

tamron28-200
関連記事

シグマの24-70mm F2.8 DG DNが発売されました。これでEマウント用のF2.8通しの標準ズームの選択肢はソニー純正、タムロン、シグマと3社が出揃い、一気に充実しました。Eマウントユーザーにとってはとても嬉しい状況[…]

SIGMA24-70

ズーム全域F2.8通しのいわゆる大三元レンズ

なんといってもTAMRON 70-180 F/2.8 Di VXDの最大の特徴は望遠端を180mmと短くする代わりに手に入れた、全長149mmで815gというf2.8通しのいわゆる大三元レンズとしては圧倒的に小型で軽量な性能です。

TAMRON 70-180 F2.8 Di VXDの価格は実売12万円前後で大三元レンズとしてはまさにバーゲンプライスです。

スペックの比較

今回はTAMRON 70-180 F/28 Di Ⅲ VXDとソニー純正の大三元レンズ FE70-200 F2.8 GM OSSとサイズ感の似ているFE70-200 F4 G OSSを比較します。

TAMRON
70-180 f/2.8 Di Ⅲ VXD

FE70-200mm F2.8 GM OSS

FE70-200 F4 G
OSS

全長

149mm

200m

175mm

重量

815g

1480g

840g

フィルター径

67mm

77mm

72mm

最短撮影距離

0.85m

0.96m

1.5m(AF)
1.35m(MF)

手ぶれ補正

なし

あり

あり

こうして比較してみると純正の2つのレンズはインナーズームということもありますが、FE70-200 F2.8GMは言うに及ばず、FE70-200 F4 GよりもTAMRON 70-180 F/2.8 DI Ⅲ VXDは小型軽量で寄れるレンズということがわかります。
特にFE70-200 F4Gより劣っているのは望遠端が180mmと20mm短いこととレンズ内手ぶれ補正がないというぐらいでしょうか。
FE70-200 F4Gはサイズもそうですが、圧倒的に寄れないので早々にブラッシュアップを実施しないと存在意義すら怪しいレンズになってしまいました。

TAMRON 70-180 F/2.8 DI Ⅲ VXDのその他のスペック

  • AFはリニアモーター式の「VXD」。
  • ファストハイブリットAFや瞳AFカメラによるレンズのファームアップデートなどの機能も利用可能。

テレコンもいつか発売してくれたら最高

現時点では単なる私の願望ですが、後日TAMRON 70-180 F/2.8 DI Ⅲ VXD用の1.4倍コンなんかも発売してくれたら252mm F4として利用できて最高ですね!

 

 

>

主にInstagramでジャンルを問わず写真や動画を載せています。

CTR IMG