NO IMAGE

EOS Kiss X10とX9の比較

f:id:gizagizafitzroy:20190412122510j:plain
2019/05/07 記事加筆修正

canonよりEOS Kiss X9の後継機であるEOS Kiss X10が発表されました。

X9から進化した主な点

有効約2,410万画素のAPS-C CMOSセンサーと最新世代の画像処理エンジンDIGIC 8の組み合わせ。

X9/X9iは2420万画素のセンサーなので恐らく新開発だと思われます。

サーボAF時の瞳AF(ライブビューのみ)に対応し、被写体の追従性能も向上。

特にライブビュー時のAF性能はKissMと同等になりました。ファインダー時はX9と変わらず。

クリエイティブアシスト機能を一眼レフカメラとして初めて搭載。

ボケ具合や明るさ、鮮やかさなどをライブビュー表示で確認しながら撮影できるようになりました。

4K24fpsに対応。

30fpsに対応せずクロップもされるようです。

重量が453gから449gへ軽量化

劣化した点

サードパーティ製フラッシュが利用不可

エントリー機で外部ストロボを使用する人はほぼいないという判断なのかもしれませんが、中央のシンクロ接点がなくなりましたのでサードパーティ製のフラッシュは利用できなくなりました。
海外ではサードパーティの安価なフラッシュは人気のようなので、この判断はどうなることでしょう。

価格と発売日

4/25発売でボディーカラーはブラック・ホワイト・シルバーの3色展開。
キャノンオンライショップでの価格は
ボディのみ77,500円(税別)、18-55キット87,500円(税別),ダブルズームキット117,500円(税別)です。

まとめ

canonの一眼レフのエントリー機としては最後(もしかしたらX10iがあるのかもしれませんが)となりそうなX10が発表されました。
私個人の意見としては、ミラーレスにどんどんシフトしている時代にこれからカメラを始める人が積極的にレフ機を選ぶメリットはないと思っています。
Kiss Mをはじめとするミラーレスか、それでも敢えて一眼レフを選ぶならコスパの良いX9を購入した方が幸せになれる気がします。

劇場版最新作 機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイがU-NEXTで配信開始!

機動戦士ガンダム最新作、『機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ』がU-NEXTに見放題で配信開始されました。

『機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ』は1989年に小説が刊行されて以来、長らく映像化されず、ファンの間から映像化を望む声が尽きなかった作品です。

2021年、遂に劇場版三部作として映像化され、一作目は興行収入20億円を突破したヒット作となりました、

ハサウェイだけじゃない!「ガンダム」シリーズ最大級の43作品も見放題!

『逆襲のシャア』をはじめ、「ガンダム」シリーズ最大級の43作品をU-NEXTなら見放題で楽しめます。

まずは31日間無料でお試し

U-NEXTは31日間無料でお試しできるので、こU-NEXTに未加入の方は閃光のハサウェイを無料で観ることができますよ!


 

>

主にInstagramでジャンルを問わず写真や動画を載せています。

CTR IMG